自動車保険の補償内容の見直し

自動車保険の補償内容の見直し

だいたいどこの自動車保険もそうですが、
加入して1年経つと、契約満期がやってきます。

自動車保険,見直し,補償内容

 

更新すべきか、他の保険会社に乗り換えすべきか考えるところですが、
大事なことは

 

「補償内容や条件の見直し」をしっかり比較検討することです。

 

現在の自動車保険は「リスク細分型」が主流となっています。

 

このリスク細分型の導入によって、危険度が低い運転者の
保険料が安くなり、節約することができるようになりました。

 

だいたい、従来とくらべて30〜40%ぐらい割引が実現しています。

 

見直し内容としては具体的に以下のものです。

 

自動車保険,見直し,補償内容車両保険の種類

 

単独事故と当て逃げを省くことで安くすることができます。

 

自動車保険,見直し,補償内容車両保険の免責金額

 

自己負担額ともよばれますが、自己負担の設定を高くすると
保険料を安くできます。

 

自動車保険,見直し,補償内容運転者年齢条件

 

20〜30歳は保険料は高いですが、30歳以上を補償するとなると
安くできます。

 

自動車保険,見直し,補償内容記名被保険者の対象範囲

 

補償対象となる車を運転するのはだれか限定することで
安くすることができます。

 

一番安いのは、「本人のみ」で、高いのは「家族に限定しない」です。

 

自動車保険,見直し,補償内容車の年間走行距離

 

年間を通しての走行距離の短さはリスク小に比例するため
保険料が安くなります。

 

一番安いのは、3,000km以下です。

 

補償内容の見直しで大切なこと

 

補償内容の見直しにおいて、
特に大切なのは対人と対物補償です。

自動車保険,見直し,補償内容

 

相手を死傷させてしまったり、モノを損壊してしまった場合、
下手すれば賠償金額が高額になってしまうこともあります。

 

保険金額をケチってしまったばかりに、莫大な賠償金を支払うことになると人生を棒にふってしまうことになりませんので、無制限の補償契約をおすすめします。

 

見直しをする際に、ついつい安さにとらわれてしまいがちですが、
補償内容を削りすぎて後悔しないようにしましょう。

 

また、リスク細分区分や補償内容の詳細については、各保険会社によって
異なりますので、自己判断せずにまずは保険会社や代理店に問い合わせて
確認するようにしてくださいね。

保険の窓口インズウェブ

自動車保険は比較で安くなる!

最大22社 最短5分
CMでお馴染の保険会社も見積り可
5万円以上安くなった人も!




保険スクエアbang!

複数比較で最も安い自動車保険を選ぼう!

大手保険会社も多数参加
見積もり結果がすぐわかる!
毎年、自動車保険の満期日をお知らせ!




SBI損保

オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険部門
「保険料」7年連続第1位を獲得!


低価格で大好評!
安心の事故対応&充実のロードサービス!