自動車保険の種類

自動車保険の種類(基本)

大体の方が知っていると思いますが、自動車の保険には大きく2つ種類があります。

自動車保険,種類

 

・自賠責保険(強制保険)
・自動車保険(任意保険)

 

自賠責保険は、別名、強制保険とも呼ばれ、車を買うときに
だれでも必ず加入することになっています。

 

一方で、自動車保険は任意のものですが、事故を起こした時の
自分や相手への補償がされるため加入率が高く、現在約70%の人が加入しています。

 

自賠責保険と自動車保険の比較

 

補償範囲

自賠責保険

自動車保険

相手の怪我

相手の死亡

相手の車両やモノ

×

自分の怪我

×

自分の死亡

×

自分の車両やモノ

×

相手との示談交渉

×

ロードサービス

×

 

上の表をみてわかるように、自動車保険に加入していれば、すべての補償をカバーできます。

 

保険料が年間数万円もかかりますが、万が一事故を起こした時のことを考えると
安いものですよね。

 

その他の自動車保険の種類

 

・車両保険

 

事故により車が損害を受けた場合に、車の修理代などが支払われる保険のことです。

 

適用範囲について

 

@自分にも過失がある事故での車の修理代
A自分で起こした単独事故による車の損害
B当て逃げによる車の損傷

 

さらに、車の盗難についても適用があります。

 

 

・対人賠償保険

 

交通事故で同乗者や通行人をケガさせたり、死亡させたりしたときの保険です。

 

法律上における損害賠償に対し、自賠責保険を越える部分に
保険金が支払われるという仕組みになっています。

 

対人賠償保険が支払われる対象は、運転手、記名被保険者、
およびその父母・配偶者・子以外の他人です。

 

 

・対物賠償保険

 

事故で他人の車やモノなどのに損害を与えたとき、
法律上の賠償責任を負ったケースで保険金が支払われる保険です。

 

バス、タクシー、電車との事故は?

 

事故による休業補償分の賠償金にも適用。

 

 

・人身傷害補償保険

 

事故によって車に乗っていた人が死亡したり怪我をした場合に適用。

 

責任や過失割合に関係なく、保険会社のものさしで実損害額の
保険金が支払われる仕組みになっています。

 

 

・搭乗者傷害保険

 

同乗者もしくは運転手が、死亡または怪我を負った場合に保険金が支払われる保険。

 

 

・自損事故保険

 

運転手自身の責任で起こした事故によって死亡や傷害した場合に保険金が支払われます。

 

 

・無保険車傷害保険

 

事故で、相手側が対人賠償保険に未加入の「無保険車」であること。

 

それ故に、補償が十分でない場合に無保険車傷害保険から保険金が支払われます。

 

※無保険車の定義
@任意保険の対人保険なし。
A対人保険はあっても年齢条件、家族限定特約、泥棒運転といった
条件違反などで保険がおりない。
B対人保険はあっても保険金額が被害者の損害額に達しない。

 

また、ひき逃げ場合で、加害者が不明であるときは無保険車となります。

保険の窓口インズウェブ

自動車保険は比較で安くなる!

最大22社 最短5分
CMでお馴染の保険会社も見積り可
5万円以上安くなった人も!




保険スクエアbang!

複数比較で最も安い自動車保険を選ぼう!

大手保険会社も多数参加
見積もり結果がすぐわかる!
毎年、自動車保険の満期日をお知らせ!




SBI損保

オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険部門
「保険料」7年連続第1位を獲得!


低価格で大好評!
安心の事故対応&充実のロードサービス!