安く自動車保険に加入する方法

必見!自動車保険を安くするための10つの方法

自動車保険,保険,安く,方法

 

同じ保険の補償内容であれば、一円でも安い自動車保険会社を選びたいものです。

 

保険料を安くするための10つの方法を紹介しますね。

 

保険料は分割よりも一括払いが得!

 

自動車保険というのは1年契約ですが、分割払いだと割増率(5%ぐらい)が
適用されるためどうしても保険料が高くなってしまいます。

 

ダイレクト保険を使う。

 

直接、個人が代理店を通さずにインターネットや電話を使って
申込んだり、更新することによって、中間マージンを節約できるため
結果的に保険料が安くなります。

 

保険会社から一括見積もりを取る。

 

一社よりも複数社から一括で見積もりをとることで価格を比較することが
容易にできます。

 

安全装置付きの自動車に乗る。

 

エアバックやABSといった安全装置がついている車というのは、
事故を起こしても死傷する確率が低いということで、保険料も安くなります。

 

無事故の優良ドライバーになる。

 

無事故のゴールドドライバーであると、自動車保険の割引率である
ノンフリート等級が毎年上がります。
等級があがると保険料の大幅値引きが期待できます。

 

運転者年齢条件特約を付帯する。

 

自動車事故を起こしやすいのは10代、20代であって
その年代を補償範囲にすると保険料は高くなってしまいます。

 

運転者年齢条件特約の種類には「全年齢担保」「21歳未満不担保」
「26歳未満不担保」「30歳未満不担保」の4種類あります。

 

「30歳未満不担保」の場合は、30歳〜50歳までがもっとも割引率が高いといわれています。

 

運転者を限定する。

 

運転者を限定する特約(運転者限定特約)というものがあります。

 

本人限定
本人と配偶者限定
家族

 

といった3種類ですがもっとも割安になるのが「本人限定」です。

 

車両保険を付けるかどうか考える。

 

車両保険料のシェア率は自動車保険料の中で大きいです。

 

ですので、思いきって切り捨てることで保険料をかなり安くすることができます。

 

とはいえ、やっぱり車両保険をかけておきたいという方には以下のような方法があります。

 

車両保険の免責金額を大きくする。

 

免責金額とは、保険会社ではなく自己負担額です。
この金額を大きく設定することで保険料を安くすることができるのです。

 

保険でカバーする範囲を狭くする。

 

年間走行距離が短い。

 

年間走行距離が短いということは事故に遭う確率も当然低くなるので
その分保険料を安くしてもらえます。

 

自動車保険,保険,安く,方法遠出して実装距離がオーバーしたら?
設定距離を多少超えてしまったとしても、基本的に保険料は支払われるようです。

 

一家に2台以上車がある。

 

車が2台、3台と増えたら保険料は安くなります。

 

本人もしくは同居している家族で11等級以上の等級保有者がいる場合、
2台目は6等級ではなく7等級から開始されます。

 

年間保険料でいうとなんと、47,110円も節約できることになります。

保険の窓口インズウェブ

自動車保険は比較で安くなる!

最大22社 最短5分
CMでお馴染の保険会社も見積り可
5万円以上安くなった人も!




保険スクエアbang!

複数比較で最も安い自動車保険を選ぼう!

大手保険会社も多数参加
見積もり結果がすぐわかる!
毎年、自動車保険の満期日をお知らせ!




SBI損保

オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険部門
「保険料」7年連続第1位を獲得!


低価格で大好評!
安心の事故対応&充実のロードサービス!